私はOLなので、否が応でも毎日スカートの制服を身につけなければ成らず、脛を始めひざ上などの脱毛には神経がすり減ります。


間違って1本でも無駄毛が伸びていると、周りからの変な視線攻撃に合い、いない所で噂の的となるようで恐ろしいのです。

それじゃなくとも、毎年若い女子社員が入社して来て、平均年齢が下げられている中、どんどん肩身が狭くなっているのです。

こだわりの渋谷の永久脱毛に関する予備知識が満載です。

足の毛のせいでさらにおばさん扱いされるのだけは御免なのです。


今までは、脱毛クリームを使ったり、ワックスや毛抜きなどの自己処理を一通り行ってきましたが、脱毛クリームの場合には、一日過ぎれば無駄毛が顔を出しますし、ワックスは足の毛のように広範囲に広がっている部分には痛みも伴い適していないように思いました。

暮らしを豊かにしてくれるソシエの脱毛機が広く知れ渡ってきました。

毛抜きはお金もかからず手軽なのですが、毛穴を広げて、肌をくすませてしまうようで、一時的に足の毛が処理されてもその後の肌のケアが大変なのです。こんな悩みを抱えているのならば、いっそ永久脱毛を行った方がいいのではないかという思いになり、ネットの検索機能を利用し、永久脱毛でヒットした先の医療機関のホームページから、カウンセリングの申し込みを行ってみました。すぐにメールの返答を戻してもらう事が出来、簡単にカウンセリングの予約を入れる事が出来ました。

カウンセリングは無料で行われましたが、とても丁寧な対応で、私が知りたいと考えていた情報をくまなく知る事が出来たので安心感を得ました。



私の足の場合には、これまでの自己処理の為に、肌が乾燥しているとの事で、肌にこれ以上の刺激を与えずに行える光レーザーを用いた永久脱毛が向いているという事で、ムダ毛の量よりも毛の質が太めである為、光の威力を微調整して行う必要があり、若干機関が永くかかる可能性が有るという事でした。
とても詳しく丁寧なカウンセリングを受ける事が出来たので、担当医師を信頼して治療を開始してもらう事が出来ました。最終的には、最初の予定通り期間は少し長くかかったものの、施術を受けた足は、他の部位の皮膚よりも滑らかに整い潤うようになっています。