MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト) - Excel講座選ぶポイント

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

subpage01

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)とはMicrosoftOffice製品の操作スキルがどのくらいあるかを証明する400万人以上が受験している(2017年12月現在)、国際資格になります。

試験科目はWord、Excel、PowerPoint、Access、Outlookについて各バージョンごとに用意されています。

MOSについての意見を伺いました。

WordとExcelに関してはスペシャリストレベル(一般レベル)とエキスパートレベル(上級者レベル)の2種類の科目がありスキルによってレベルを選択することになります。
実際の試験はパソコンで各アプリケーションソフトを、マウスやキーボードを操作して回答していきます。

合格点に関しては公開されていませんが、概ね1000点満点中550点から850点がだいたい目安になっているようです。



合格の合否は試験終了後にパソコン画面に表示されます。受験に必要な資格や条件はなく、どのような形でも受験することが可能です。
小学生、または小学生以下の方が受験する際は保護者の同意があれば受験することが可能になっています。
全ての科目を受験する必要はなく、それぞれがアプリケーションごとに独立した、資格になっているので、一科目から受験することが可能です。

MOSはレポートやプレゼンテーション資料の作成など学生生活で必要なパソコンのスキルを身につけたり、就職活動時において、自信のITスキルの客観的な証明ににもなるために、多くの場でMOSの資格が生かされています。